借金返済方法は債務整理で解決

借金返済の清算

沢山の1万円札

借金を抱えている人が「債務整理」をすると、無理のない返済計画が立てられたり、利息を払い過ぎている過払い金を取り戻したりすることができます。

つまり、借金返済方法についてあれこれと悩む必要がなくなり、借金返済のための生活に区切りをつけて、新しい生活をスタートさせることができる手段なのです。

債務整理というと“借金から逃げる”とか“破産”などのネガティブなイメージを持ってしまい、なかなかこの借金返済方法に踏み切れない人も多いようですが、これは間違った解釈です。 債務整理は、借金で困っている人を救済するために、きちんと法律で定められた手続きなのです。

法律のプロのサポートを受けよう

借金返済方法としては専門的な手続きになるため、弁護士や司法書士といった法律のプロのアドバイスは欠かせません。 債務整理にはいくつか種類があり、弁護士などが債務者の借金の詳細、資産内容、現在の収入など、お金に関する現状を把握・精査したうえで、適切な返済計画や債務整理方法を検討します。

ここで注意したいのは、専門家に相談する際は、必ず正しい情報を伝えるという事です。 債務整理を相談する時、自分の収入や資産、毎月の返済可能金額を実際より多めに申告してしまう人がいます。 弁護士や司法書士は、債務者からの情報に基づいて返済計画を立てるため、結果的にまた首が回らなくなってしまうという事態になりがちです。

また、専門家が借金の内容を精査する中で、支払い過ぎている利息を「過払い金請求」という形で取り戻したり減額する事も可能になるため、早めに相談するようにしましょう。

債務整理には、「任意整理」「民事再生」「自己破産」「特定調停」といった方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。 「借金を帳消しにしたい」「財産は手放したくない」「第三者に知られたくない」といった債務者の希望とも照らし合わせて、最適な債務整理方法を専門家のアドバイスの元、決めていくことになります。

債務整理の手続きを行うと、借金の取り立てや督促の停止、今後の利息分カット、支払い方法の交渉(長期分割返済や遅延損害金の減額など)も可能になります。 金額面だけでなく精神的な負担を減らすためにも、借金返済に困った時は債務整理を考えましょう。 また、借金返済方法についての悩みから解放されれば、仕事などにも集中をすることができ毎日の生活が充実してくることでしょう。 不安から解放されるため、夜もぐっすりと寝ることができるはずです。

消費者金融への借金返済が大変

このまま借金を続けて返済額が増えたら債務整理となってしまいそうな方の話しです。

私は学生時代から貧乏少年でした。

借金を繰り返す父の暴力と家庭を顧みない態度に腹が立ち、高校は寮のある学校に行き、そこを卒業したら製菓学校に通いました。 単身で県外に出て来たので、母親と離れ離れになってしまうのはつらいことでしたが、憎き父と一緒にいることはできなかったのです。

そんな私にも恋の季節がやってきました。 私の好きになった人は父親がパティシエのお嬢様で、私とは住む世界が違うのですが、私の奔放なキャラクターを好いてくれる素直な人でした。 私は初めての恋に舞い上がり、彼女にたいしてなんでもしてあげたい気持ちになりました。

そのため、自分の着るものにもこだわりはじめ、食べることは少しがまんしながらの生活になりました。 そのせいで少しだけ不健康になったのですが、そこは愛の力で乗り越えました。

しかしいかんせん服飾費というのはお金がかかるもので、バイト暮らしの私はすぐにお金が尽きてしまいました。 今から考えれば収入と支出のバランスは崩れまくっていました。

しかし当時はそれほど彼女に入れ込んでおり、それもしょうがないと感じていたのです。 そして旅行に行くことになり、レンタカーを借りて東京に行くことにしました。

計画を立てている最中に、「お金が足りない」ことに気づきました。 しかしそれを悟られるわけにもいかず、簡単にOKを出してしまいました。

その後、旅行前に借金をするために消費者金融に行き、審査を受けた後にとりあえず借金5万円を借りました。 そのデート代の5万円もなかなか返せず、結局2年くらいかけて返済しました。

その後も消費者金融の借金のお世話になり、現在でも苦しくなったらお金を借りてデート代に回しています。 返済は大変なのですが、彼女と楽しく過ごせているのでとても幸せです。

でも、このまま借金をし続けると返済ができなくなって、しまいには債務整理ということになりかねません。 そうならないためにもこれ以上の借金は止めておこうと思います。

借金の返済もしているので、デートは少し安上がりな所で我慢をして貰おうと思っています。

珈琲店開業失敗で借金返済だけが残った

脱サラをして、一念発起して珈琲店を開業しようと借金をした者です。 まずは修行に出て、コーヒーチェーンで働き始めました。

そこで3年が過ぎ、フード系のコツも分かってきたので借金をして独立する事に決めました。 貯金が300万円しかなかったので、初めは銀行に相談したのですが400万円しか借りられません。 その額の中で勝負する事になり、設備を抑えながら開店資金としました。

開店まで20日を切る頃になり、内装を請け負った業者と連絡が取れなくなりました。 半金の80万円は先に払ってありましたから、何かの手違いだと思いのんびりしていたのです。 ですが、次の日もその次の日も内装業の方と連絡が取れません。

内装が終わらないと設備が全部入らない事になり、慌てて弁護士と相談をしました。 内装業の方達は既に登録していた場所にもおらず、住んでいる気配もありません。 そこで初めて詐欺に遭ったと分かったのです。

期日までに設備を納入したくても、内装が始められない事には設備が置けませんでした。 結果、私は他の設備をキャンセルして違約金を開店資金から払う事になったのです。 その事で資金は殆ど無くなり、借金が嵩んでしまいました。

結局は残った設備だけでは開業が出来なかったので、開店の夢も借金返済に変わってしまいました。 返済総額で480万円の借金をして、今は元にいたコーヒーチェーンに逆戻りしたのです。

また、借金をしてでも開業しようと云う気持ちは今は起きません。 借金返済の日々で哀れな感じですが、残った機材が悲しく見えるのです。 [追記]

事業資金を借りていた叔父の話

私の叔父は、車の修理工場を営んでいました。 修理工場自体はそこそこ顧客がいて、叔父の技術も確かだったので順調に事業が進んでいました。

しかし、叔父はそこから中古車販売業をやろうと事業を拡張して、借金するようになりました。 主に運転資金を借金で賄おうとしていたのです。

修理工場で培ったノウハウや人脈を活かして、中古車販売でも仕事ができると判断した叔父に、甘さがあったのかもしれません。 販売業だと、もちろん営業や経理等のノウハウも必要だったのですが、もともと内気な性格の叔父には向いていなかったのも事実です。

業績はどんどん悪くなり、しかも借金の総返済額が膨らんで、叔父はとうとう修理工場そのものを畳んでしまうことになります。 また、叔父の親族が連帯保証人になっていたので、親族である私の父の許にも借金取りが返済の督促でやってきたのです。

お金を借りる時には、きちんとした事業計画や返済計画が必要なんだな、ということはよく分かります。 それから返済するあてがないお金を借りるリスクもあるんだな、とも感じています。

叔父には担保となる不動産などの資産もなかったことが、借りた借金が膨らんだ原因にもなっていたのです。 できるだけお金を借りずに事業を続けることが大事なことなのですが、もしどうしても借りなければならない場合には、きちんとした返済の担保を持って借りることが大事なのでしょう。

叔父の事業は借金返済ができずに上手くいかなかったのですが、私にとってはとてもいい反面教師になったとも言えます。 [追記]

借金のために仕事をする

数日前に、クレジットカードで沢山買い物をしました。 消費税が上がる前に買い溜めをしようと考えたので、買い物の代金はかなりの高額となりました。 また、高額商品の方が消費税の影響を受けるので、今までは値段が高くて購入を躊躇していた物でも思い切って購入をしました。 ですから、来月からのクレジットカードの代金支払額はかなり覚悟をしなければならないと思っています。

クレジットカードというと聞こえは良いのですが、その実態は借金です。 ですので、その借金返済をするために仕事を頑張る必要があります。 借金返済分を稼がないと生活が危うくなります。 借金をしたことをポジティブに捉えて、仕事のモチベーションを高めようと思っています。 頑張って借金の返済をしなければならないので、仕事のやる気が高まった様な感じがします。

借金返済がある前は、仕事に張り合いがなかったのですが、今は、例え残業であっても断らずに積極的に引き受けて仕事をこなしています。 借金をしてからと言うもの、仕事だけでなく生活面でも気合が入っています。 借金を返済するという大きな目標があると、自分の行動がこんなに変化をするのかと自分でも驚いています。 ただし、反省すべき点もあって、必ずしも必要でない高額商品も買ってしまったなぁと思っています。 増税後に商品を購入したら損だと思って、勢いで買ってしまった物もあります。

テレビで増税により生活費が上がるという問題を良く取り上げていたので、自分の場合、危機感を持ちすぎてしまったようです。 本当の所、この高額商品は買わなくても良かったかなと思う物もあります。 無駄な買い物は、お金をドブに捨てるのと同じなので、幾ら消費税の増税が待ち構えているとしてももっと慎重にお金を使うべきでした。

来月からは、消費税アップとなりますが、今まで以上に生活費を切り詰める予定です。 また、借金返済を早期で完済させるために汗水流して一生懸命に仕事をするつもりです。 [追記]

めげずに返済をしています

今現在、毎月借金返済をしていますが、それにめげる事無く暮らしています。 借金の総額は150万円ほどあるのですが、返済できない様な金額ではないので頑張って仕事をしています。 真摯に仕事をして、生活では無駄遣いをしない様にすれば、間違いなく返済できる借金なので、不安にならない様に心がけています。

借金のことはさすがに周囲の人には内緒ですが、友人からお金のかかる誘いを受けた時は、さすがに余計な出費はできないので断っています。 毎月、借金を返済をするようになってから質素な生活をする様にしており、ストレスがある時は散歩などの出費のないことをして気分転換を上手にしています。 体を動かすと気分が良くなるので、軽い運動をすることを趣味としていますが、運動後は晴れ晴れとした気分になるし、体調も良くなります。

私は会社勤めのサラリーマンなのですが、副業が禁止されているので、本業で頑張って給料を増やそうと思っています。 口座に振り込まれた給与は出来るだけ借金返済に充てる様にしています。 今までの所、借金の支払い予定日にきっちりと支払う事が出来ており、滞納したことはありません。 ですので、一歩一歩ですが着実に返済を終了できる日に近づいていると思います。

借金をする前までは、お金に無頓着だったのですが、今では小遣い帳をつけて金銭管理をしっかりとして節約に努めています。 豪華な食事や流行の衣類、娯楽などは今の自分ではできませんが、それでも今の収入の範囲内で欲を出すことなく楽しい毎日を過ごすことが出来ています。 [追記]

借金には良い借金もあります

人から借金をしてお金を借りるという行為は、歓迎されるものではありません。 実際、世の中借金があるというと、あまり良い顔はされません。 ですが、一面的にそれらがすべて悪いことだというのは間違いです。

借金には良いものと悪いものの2種類があるからです。 良い借金があると聞いてビックリするかもしれませんが、そうしたものもちゃんとあるのです。 実は私も数百万以上の借金があるのですが、これは良い借金です。

では、お金を借りて何を買ったのかと言えば、賃貸物件です。 小さな賃貸用の家を購入したわけで、いわゆる不動産投資と呼ばれているものです。

こうした賃貸物件の場合、部屋が埋まっていると、当然、家賃が収入として入ってきます。 お金を借りている以上、毎月、返済していかないといけないわけですが、その返済の資金は家賃を当てれば良いのです。 返済額以上に家賃があれば、それは収入となります。

ですから、確かにお金を借りているのは事実ですが、返済額以上にお金が入ってきている状態となっています。 つまり、こうした賃貸物件というのは物件自体がお金を稼いでくれる資産だと言えます。 一般に資産を手に入れるための借金は良い借金なのです。

日本ではマネー教育というものがあまりされていないため、マネー問題に関する知識を持っていない人が多いです。 これは大卒以上の高学歴の人にも言えることです。 ですが、マネーの知識を勉強してみるとわかりますが、資産を手に入れるために借金をするなどのリスクを取るという選択は有効な方法の一つなのです。 [追記]

北海道借金問題相談センター